読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃぼんだま

勝手に割れます

ジャニオタの8号車体験乗車記-超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body & Groovin’~

こんにちは、きょこです。最近、もしかしたら新しいジャンルに足を突っ込むこと自体が趣味なのではないかと思い始めました。
 
さて、むすめん。を始めとした様々な娯楽に日々振り回されている私ですが、先日ひょんなことから、「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body & Groovin’~」のオーラスに参戦してきたので超個人的感想メモです。
いつもの事ですが超正直に書いてるのでクソ失礼なことになってますすみません
 
 

事の発端

 
私がむすめん。の沼にズブズブとハマるころ、時を同じくして、とあるフォロワーさんがスターダストプロモーション所属男性7人組(非)アイドル・超特急の沼へ勢いよく飛び込んでいくのを「へぇ…超特急ね……」と横目に見ていました。
もちろん存在は知ってましたし、少しながら知識はありましたが、正直 好みドストライクなメンバーがおらず(めちゃくちゃお顔がかっこいいのはわかる)、さらになんとなく近寄りがたい雰囲気があるな…と思っていました。
しかしフォロワーさんのツイートに加え、最近はドラマタイアップで曲を耳にする機会もあり、恐る恐るかじってみることに。録画した音楽番組を見た上で、歌もダンスもうまいな~なんてツイートしていると、「ツアーオーラスのチケットあるんですけど行きませんか?」というお誘いが。
 
「まぁちょっとは気になるし、一曲しか知らないし2人くらい顔と名前一致してないけど面白そうだしとりあえず行ってみるか……」という天使の羽より軽い気持ちで参戦を決めました。本当のファンがチケット譲ってもらった方がいいのでは?と思うほどの軽さ!!!
 
しかし、この時の私は、この軽い選択が全ての終わりだと微塵も思ってもみなかったのです――
 
 
 

ちなみにこの時点で知ってた超特急についての知識

・スターダスト所属アイドル、EBiDANの中のグループ(?)
・同事務所所属4人組男性バンドアイドル DISH///の兄弟グループ的なアレ
・緑担当タクヤくんはウルトラマン大怪獣バトルに出てた子(父が見てた)
・最年少タカシくんは96年生まれ(勝利平野ジェシー岩橋西畑etcと同世代)
・歌組とダンス組に分かれている
・パフォーマンスクオリティは高い
・ライブが超楽しいらしい
 
 
 

野次馬、ぼっち体験乗車する。

 
ついにやってきた6月10日、パシフィコ横浜。なるべく野次馬であることを悟られないよう入場し、公式ペンラを1本購入。お顔とキャラが好き、という理由でユースケさん(黄色)にしました。
因みにこの時点で何故か感動で泣きそうになってたんですが、好奇心だけで来た野次馬がなに感動してんだって話だよ。疲れてんのかよ。
 
席は3階。後ろに人がいなかったので好きなだけメモって好きなだけはしゃげるな~~~とウキウキしてると暗転。いよいよ開演です。
意外と黄色ペンラが多く、二番目に気になっていたリョウガさん(紫)買えばよかったかなぁ……とか思っているとボーカル組が出てきました。
 
 
▽コーイチさんが歌い出してからの私 
f:id:pikyuuuuuun:20160612133623j:image
 
ちょっと、こんなに歌上手いって聞いてない。
おいちょっと。話が違うじゃないか、歌うますぎじゃないか、おい。本当にこの画像のような顔したからな。2人ともうめえ。おい。コーイチくんは何者?こんなに歌うまい子が都内のどっかの大学通ってるの?普通に生きてるの?そうなの?信じられないんだけど?
 
 
3曲演奏が終わり、いったんMC。
リョウガさん「本日は超特急ツアー2016 Synchronism Body&Groobyにお越しいただき誠に有難うございます!(意訳)」
 
いっ……良い声すぎない????? 
 
 
▽参考映像

 
何この人!!!!!!!!!!!声優か!?!?!!?!?
元々リョウガさんはどちらかというと好きなお顔だったのですが、この時点で推し順トップに踊り出ました。
いや!声フェチってわけじゃないけどあの声はさ!ずるいよ!!!
 
 
ライブは、ずっとどひゃ~~~ってなりっぱなしでした。
だってもう!ユーキくんカイくんのパフォ力!タクヤくんの美しさ!ユースケさんの顔と中身のギャップ!(バッタマンの絶叫がヤバ過ぎてコールできないほど笑ったけど周囲は普通にコールしてて更に驚く)
そして楽曲がめっちゃ良い!かっこいい!そして楽しい!!!!一曲も知らないのに楽しい!!!!!
もうとにかくずっとすごい。やばい。すごい。 語彙力がなくなる。
 
 
大興奮に次ぐ大興奮。3つの重大発表に「よかったね~!(他人事)」となりつつライブは終演。
野次馬は大満足で帰宅したのであった。 
 
 ぶっちゃけYellあたりからうっかりぼろぼろ泣いたのは内緒である。
 
 

乗るしかない、このビッグウェーブに 

 

そしてその後。
ライブ数週間前にこんな失礼なツイートをしていた人間が

 

体験乗車から一週間、じわじわじわじわと浸食され、


さらにどんどんひどくなる

 

最終的にキモい事になりました。

今現在、かなり本気で夢の青春8きっぷに入るか悩んでいるところです。
だって(仮)じゃ年末代々木チケとれないらしいから~~~しょうがないよね~~~~???(棒)

 

 

 

結論

 

 超特急マジやべえ

 
 
 
 
 
 
(余談)
ぼっち参戦だったのですが、帰りは高校時代の友人(8号車暦2年半)にたまたま再会。ライブ参戦までの経緯、想像以上の感動と興奮をそのまま伝えたところ、「超特急は、『とりあえずCD聞いてみよう』ならまだしも、『とりあえずライブに行ってみよう』は人生狂うと思うよ(真顔)」
 
ですよねー(^o^)!
 
 
 
 
以上です。お粗末さまでした。

む。が喋る枕草子

ジャニオタ界隈で「自担がしゃべる枕草子」が流行ってるので軽率に便乗してみるの巻き。
 
 

春はとみたん

え?おれ?
おれねー、春はすげえ朝早く起きるのが好きなの!結構朝に目が覚めちゃうんだけどぉ、窓見てるとだんだん明るくなってきて、たいよーでてくるわけ。それがめっっちゃ綺麗なのぉ!!!ほんとに!!!!!
でね、前にね?キャンプした時にぃ、朝早く起きて暇だったから山見てたの。したらさ、山の端っこがたいよーにあたって白くなってて、紫っぽい色のほそながーい雲がかかって、めっちゃ綺麗で感動したんだよね〜!
おもむき?おもむきってなに?
 
 

 

夏はげる(&とみたん)

えぇなんだろ、夏ぅ?夏でしょ?夏……(なんかあるでしょぉー?)あっでも夜は好きー。月とか綺麗だし。まぁ真っ暗の夜でもいいけど、(真っ暗といえばげるたん前にさ、蛍みたときめっちゃ喜んでたよね)そーそーそーそー!蛍好き!かわいいし綺麗じゃん。ふよふよふよ〜って飛んでるの。めっちゃかわいい。(まってふよふよふよってなに?www)えっふよふよって言わない!?言うよね!?言わないの!?マジで!?えー…(でも夏ってさー台風あるからねー)あー、雨はいやだなぁ洗濯物乾かないから。
 
 
 

秋はべんとす

 
僕が秋の中で一番好きな時間はですね、夕暮れです。
やはり、山の端々が夕日に照らされてるのがとても…
とても………
 
はぁっ…///
 
失礼、取り乱しました。
秋といえば鳥が列を成して飛んでいるのも美しいですね。
 
はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ////////
 
(強制終了)
 
 
 
 

冬はぷんた

ふ↑ゆ↓ぅー!?ふ↑ゆ↓ぅ?
えっなんやろなぁ〜やっぱ朝かなぁ…?
こないだ久々に雪ふっててんけど、いい年してんのにテンション上がったもん!(ぷんちゃん子供w)
待って待って!?ちょっと待ってぇ!??それとみたんに言われたくないねんけど💢!!
なんなぁん、もーw
何やったっけ?そうそう冬!朝とかさ、寒い寒い言いながらエアコンつけんのも結構良くない?(そうでも…)えっホンマぁ?
でもな〜、おばあちゃんちに火鉢あって冬とか使うねんけど、お昼ごろになったら灰真っ白なん。あれはあんまり好きちゃうかったなぁー。
 
 
 
 

風邪引いた時に看病されたいジュニア5(?)選

 
おはこんばんにちは。この文章はコピペではありません。

今年の3月末、咳と鼻水という、同時に来られても全く嬉しくない2つが一度にやってきた。
いつもなら沢山食べて寝て休めば治るのにもかかわらず、治るどころか葛根湯とか市販の風邪薬全然効かないままあれよあれよと言う間に発熱で寝込むことに。深夜、布団をかぶりながら「寒い…暑い…体重い…つらい…誰かに優しくしてほしい…川島のえるにゃんとか…優しく看病されたい…ご飯食べれる?とか言われたい…」とうなされる**歳児。マジキモいの一言であるがそのキモい妄想が我ながらメモとして残しておきたかったのでサラサラと書き留めておきました…前置き長いな!!!!!!
 
 
 
 

◎川島のえるさん

・とにかく優しい
・「ご飯食べれる?おかゆとうどんとおじやどれがいい?」
・せ、選択肢もあるのか…
・着替えとかタオルとかポカリとか用意してくれる
・「とりあえず枕元置いとくよ」
・よしよしって頭なでてくれそう
・ポカリだ〜って言ってると「ちょっとずつ飲んでね」って言われる
・のえるさん…かぜつらいよぉ…
・溢れ出る母性
・真剣(マジ)ママ
・てかママって呼びたい
・ママぁ…アイス食べたいよぉ…
・多分「え〜笑」って困った顔する
・でも「沢山食べちゃダメだよ」って優しく笑ってスーパーカップ(バニラ)くれる
ママーーーーー!!!!!!!!!!!!
・ミルキーとスーパーカップ(バニラ)はママの味
・ふんわり甘い優しさで元気になりたい
私はのえるさんのことをなんだと思っているのか
 
 
 

◎安井姉ちゃん

・優しいけど基本放任主義
・ご飯は作るんじゃなくて買う。コンビニの鍋焼きうどんとか
・「ただいまぁ。大丈夫ー?熱測った?」
・ちょっと熱下がったかも。でも風邪移っちゃうよ〜
・「えぇ?w 平気だよw」
・安井姉さん(の笑顔)、良〜い薬です(太田胃散のノリで)
・「ほらほら沢山寝て早く治す!」
・って言いながらお布団かけなおしてくれる
・「はいおやすみー」
・おやすみなさーい
・最後の最後に目をつむったら頭撫でてからお部屋出ていきそう
・SSランクお兄ちゃんな安井姉ちゃん(矛盾)
 
 

 


◎颯ちゃん

・待ちに待った自担様たとの登場です
・「(トントン)○○さぁーん、熱出たってホントー?ドア開けるよー」
ダメです
・「え…何で?」
・万が一風邪が移ったら怖い(モンペ)
・でもドアの向こうから凄い心配してくれそう
・「治ったら美味しいもの食べに行こう!」
・行こう行こう。何食べたい?
 
f:id:pikyuuuuuun:20160509192932j:image
 
・焼き肉ね…いいよ…おねえちゃんが美味しいとこつれてってあげる…
 
→心配してくれるだけで治りそう(号泣)
 
 


◎うみんちゅ&あさひ

・仕事から帰宅してソファーにバタンキュー(死語)の私
何故社会人設定なのは目をつむって欲しい
・海「おかえり!お腹空いたー!」
・んー…いまご飯作るねえ…
・とは言うもののなかなか体動かすのもしんどい
・「熱あるんじゃね?」と体温計持ってくるあさぴ
・仕方なく熱を図ってみると予想通りの数字
・海「わー!熱あるじゃん!へーき!?大丈夫!?!?」
・うん大丈夫だよ…ちと声でかいな
・朝「ばか!声でけーよ!」
・うん…でもあしゃぴも声でかいかな
・海「えっ暑い?寒い?お腹すいた?喉乾いてない?お水飲む?」
・あ、うん、えっと、うん大丈夫だよ…
・「お水じゃなくてポカリだよポカリ!」
・うん正解だけど…二人共お腹空いてるでしょ…コンビニでご飯買ってきな…
・海「そーだ、夜ご飯二人で作る?」
・朝「それな!○○さんの分はどうする?おかゆ?」
・うん………話聞いて………………………!!!!!!!!!!!
 
 
 




次回「ひもとして飼いたいジュニアスペシャル」やります。


以上お粗末さまでした。
さんきゅーさんきゅーで〜す。

3 ジャニオタがアイドル気取り素人集団の沼にハマった話~ライブ編

 皆様こんにちわ。例のエントリーがとある事件(?)によってバズりまくり、色々慌てているきょこ改めいつきです。

 お名前はどちらで呼んでいただいてもよろしいです、「クソみたいなブログ書いたむすめんばー気取りのジャニオタ」でもよいです一応言っておくけどジャニオタはやめてないぞ。兼オタ万歳。アイドルはみんな違ってみんないい。

 

 しかし文章力・構成力・ギャグセンスのかけらもない薄ら寒いブログ(※個人的な感想です)があんなにお褒めいただけると思わなかったです。数日前、大学のAVセンターのパソコンで、室内巡回する職員さんに見られないよう背後を気にしながらパチパチと打ち込んだ自分も報われる事でしょう。

 御本人様の紹介があってからは、いろんな方に沼落ちした経緯を書いていただけてるみたいで、いやーなんかすげえなぁ(こなみかん)


 今後の目標は(fun、interlest両方の意味で)面白い文章を書けるようになることですね野崎弁当さんの担タレに俺はなる。

 

 さて、今回もタイトル通り、「ジャニオタによるむすめん沼落ちブログ三部作」の最終章、ライブ編です。 一番最初のエントリーをあげてからちらほらと「ライブ編も待ってます!」という物好きなありがたい声がありましたので書き記します。

   

今回はわりと正直に物事を書いております故、今までのエントリーより遙かに不快にさせてしまうかと思いますがご了承くださいませ。

セトリネタバレなどございますので、気になる方はここから先の閲覧をお控えください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


 あれから、あれよあれよと言う間に沼に転落した私は、興奮冷めぬままに友人にむすめんを布教、他オタ3人を釣ることに成功します。(今まで様々なアイドルやジャンルにはまってきましたがこんなにあっさり成功したのは初)

 そのうちの1人(SexyZone菊池担)が下半身をずっぽりと沼にはまらせ、ライブに行くことに。4月9日のディファ有明公演、とりあえず初めてだし一部だけでいいか~と一部を二枚購入。
 余談 e+で購入しようと思ったら売り切れでめっちゃ慌ててたらぷんちゃんが「ローチケとかもあるからね!」ってツイートしてくれて助かりました。さすがぷんちゃん女神力が高い。

 

 人生初のサイリウム購入に頭を悩ませ、前日にアナウンスされた「ライブ後メンバーによるお見送りあり」というとんでもねえ情報に動悸息切れを引き起こす中、ついにその日がやってきました。
 どどどどどアウェーな雰囲気がひしひしと伝わってくる中、まず物販列と謎の列(後にクジ列と判明)に圧倒され、どこが入場口なのかわからず慌てる二人。無事入場し、自分たちの席がよくわからずさらに慌てる二人。もう慌てっぱなし。まだ本編始まってません。
 オープニングアクトも終わり、いよいよ開演です。ここからは感じたことをいくつかの項目を通してお話したいと思います。とりあえずお手持ちの武器は一旦足下に投げていただけると助かります。

 


全編生歌

 登場してまず三曲ほど披露したのですが、生歌!!!!みんな生歌!!!!!とまず驚くジャニオタ二人。ジャニーズも近年は生歌志向が強くなっておりますが、激しいダンスナンバーは流石に録音。もちろんその方がダンスに集中できるだろうし特に不満はないのですが、生歌だったらやっぱ・・・かっこええやん?(CV.ノックソ)
 ココロノ悪魔とか鬼ヶ島DANJIとかずっと踊りっぱなしなのによくやるわ…とジャニオタ的にはずっと口が開いてました。冷静に考えたらハロプロ踏襲してるんだからそりゃそうか、と納得しかけましたが、この人たち一応「素人集団」でしたよね?ここまでやったらもう素人じゃなくない…?(もちろんほめてる)

 

 ちなみに、ライブ終了後の友人の第一声は「ねぇ…イヤモニつけてた…?」

 

あれ……

つ、つけてなかったな……

 

つけて…なかったな……

 

 


MCが結構おもしろい

 トークってわりと重要で、「いくら顔が良くてパフォーマンス面白くても喋りがつまんなかったらアレだよね………」みたいな、個人的に無駄にハードルを高く設定している部分があるのですが、ちゃんとトークを仕切れるメンバーと、つっこみがうまい人、ボケるひと、いじられる人といろんな人がいて面白かったです。個人的にぷんちゃんがつっこみ上手いしボケられるし天然だしですごい印象強く、野球で言うところの「走攻守揃ったいかした男」ですね(伝わらないネタ)。
 あと印象に残ったのは、野崎さんの引き出しの多い例えつっこみ。ぜっちゃんみたいに仕切れる人がいるのもかなりの強み。

 MCに関してもうひとついうと、やはりライブ中に何回も入るところですかね。ジャニーズは全編通して一回だけなんですけど、これには本当驚いた。でもハロプロだと普通らしい。ハロプロのライブがどんなんか一回見てみたいので、お金が貯まったら買ってみます(万年金欠ババア)

 

曲間が結構ある

 画面の向こうで皆様が武器を構える姿が目に浮かびますね。次現場行ったとしても絶対特定されないようにしたい。
 今回MCと共に驚いた大きな違いはここです。曲と曲の間がちょっと長い。なんでだろう?と色々ジャニーズのDVDを見てみたんですけど、奴らは結構映像を駆使したり出捌け場所が様々なのでいくらでもなんでもできるんですよね。対してディファ有明は出捌けが上手下手と二つしかなかったのでやることも限られてくるし、しょうがない事かなと思いました。ぱっとおもいつく箇所としては天使からの悪魔の流れなんですけど、悪魔がでてきて最初のポージング完了してから曲がかかりだすのが印象的でした。
 すごいどうでもいいけど、今後メンバー紹介曲をちゃんと作って一人ずつでてくるみたいな演出やってほしい。てか、男子かしまし物語の演出ってそんな感じだったんかなぁ……と思いつつ。

 

 

娘。カバーがよかった(こなみかん)

 実は今回、新アルバムを手に入れることができず、ほぼ
ノー予習で参加しました。アルバム買う金がなかったんや!!!!!!!
 それでも楽観烈破のコールは楽しかったし、天使と悪魔はかわいいしかっこよかったし、ゆあざやアンラッキーボーイでテンション爆上がりでした。

 わからない曲がばんばんでてくる中、興奮したのがやはり娘。のカバー曲。最近のものではなくかなり初期のシングルだったため、内心「あぁぁぁぁそれやるの!?ずるいわ~~~!!!!!!」と絶叫。とりあえずお伝えしたいのは「(ほぼ)成人済男性アイドルが笑顔で歌うモーニングコーヒーの良さ、君はわかるか?」という事です。しかもずっとアイドルステップだぞ。本当に窓を開けて大好きってみんなに叫びたい一曲だった。

 

 

ファンサ代わりのお見送り

 ここが今回のエントリーの一番のヤマですよ奥さん。
 前日のアナウンスの「公演終了後、メンバーのお見送りがございます」という一言にすでに死にかけた私たちが、お見送りで死なない事があるだろうか?いや死ぬ。軽率に死ぬ。すぐ死ぬオタクなので、ぶっちゃけ今128号目くらいでもいいのスペアは沢山あるし(伝わらないネタその2)
 ライブ終演直後の私たちは案の定魂の抜けたような表情で、「やべえ・・・」「やばいな・・・」「だいたいの曲わかんなかったけどすごいことはわかった・・・」という単語しかでてこない始末。「でもこの後もっとやばいよ」「うんそれはわかってる」「私ら、もしかして……死ぬんじゃね?」もうこういう単語しかでてこない。めっちゃ頭悪そうだな!

 

 意を決して客席からでる私たち。一旦出口から遠いほうに逃げ、遠目に出口を見ます。

 

 
 う、うわーーーーーーーーーーー本当にさっきまで舞台で踊ってた人たちがいるーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

ていうか左に推しがかたまってるーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 なんということでしょう。大好きなアイドル(本物)がマジでお見送りしてます。意味分かんねえ。どういうことだよ。マジで立ってる。嘘だろ。どういうことだよ。CGとかじゃないよな?てか何でみんな冷静に歩いてるの?私今もう一回死んだぞ心臓うるさいぞいやていうかなんでお見送りやるのまじでやばくないかていうか左側にげるたんと野崎さんいるしぬしぬしぬしぬしぬ!!!!!!!!!!(ここまで2秒)

 友人の推しが右側に固まっていたので、右に友人・左に私という並びで、それぞれ双方向を歩きながら「無理すぎ……手繋いでいい?」といい年した女二人が手を繋ぎながら出口へ向かいました。きもいわ。
 そこからはうっすらとした記憶しかないですが、とりあえず汗だくでさわやかスマイルをまき散らす野崎さんと、予想に反して男子力高めな手のふり方をしてたゲルたんしか覚えてない。

 ていうか野崎さんの身長がまじでリア恋枠すぎてつらかった。雰囲気もよければ外見もドストライクだった。ああいう人ってどこにいるの?探しても探しても見つからないんだけど?誰かあんな感じの人紹介してください(半ギレ)

 

 

 

そして再び沼へ

 今まで浸かってきたジャニーズ畑とは違うことの連続でかなり戸惑った部分も少なくはないですが、ただただ言えるのは「楽しかった」「また行きたい」ということ。「所詮は踊り手の延長線」とか「アイドル気取り素人集団」だなんて言葉、もったいないです。少なくとも私がディファ有明で見たのは正真正銘のアイドルでした(言い過ぎか?)。


 なんならライブ後の友人が面白かった!半笑いで「私一週間後にセクゾコン行くんだけど今頭の中にノックソととみたけしかない……やべーよ、どうしよう……」って言ってました。まぁ一週間後もしっかり楽しんでたけどな。

 

 個人的な反省としては、アルバムを手に入れられず、さらにツアー初日だったこともあり知らない曲が9割(特にボカロと牛泥棒)だったのが悔しすぎるので、次回はしっかり予習してから参戦します。待ってろ横浜。あと絶対FC入ったるからな。
 
 今現在はフルメンバーではないし、歌はのびしろありまくりだ(ろう)し、ダンスももっともっと上手くなるんだと考えると、これからが本当に楽しみです。上から目線であんた何様カッパ様ですが、本当に、本当に楽しみです。

 


 むすめん。はいいぞ!!!!!!!!

 

 


f:id:pikyuuuuuun:20160511230730j:image

 

 

 


以上です。お粗末様でした。

Hey!Say!JUMP京セラカウコンに参戦したらビスタ席以外じゃ満足できない身体になった

Hay!Say!JUMP

松潤&河合郁人の奇跡のコラボや伝説の「東の滝沢・西のすばる」復活により、ジャニオタを感動の渦に巻いた2016年ジャニーズカウントダウンコンサートから早5ヶ月が過ぎましたが、みなさまどうお過ごしでしょうか。

諸事情により「きょこ」と名乗っている時期に例のエントリーがバズってしまい、両方の名前を名乗ることを余儀なくされている「いつき」です。お好きな方でお呼びくださいませ。Say!!!

…はい。

 

今回も伝えたいことはタイトルの通りです。ビスタ席の魅力についてがっつりご紹介させていただきたいと思います。ビスタ席当たってしまった・・・と嘆く方や、初めてのビスタで楽しめるか不安という方に読んでいただけたら幸いですが、「きょことかいうクソがすげえおすすめしてたから期待してたのにやっぱ遠くてつまらなかった」という批判が起きそうで怖いです!あと事務所側からアウトかかったら即消します。

 

元々、父の影響でプロ野球は物心つく前から好きですしいろんな球場に連れていってもらったのですが、なんと大阪(京セラ)ドームは未開拓地でした。旧オリックスブルーウェーブの本拠地には行ったのに(旧グリーンスタジアム神戸・現ほっともっとフィールド神戸)、旧近鉄バファローズの本拠地には行ったことなかったんだね。まぁグリスタに行ったのも1歳の時の話なんですけどね!覚えてねえよ。

そんな「初大阪・初京セラ」だった私に、さらに大きな「初めて」が襲いかかります。


・チケットの表記がおかしい

たったひとつの名義で応募したのですが、なんとまぁ運良く31日の二部(=カウントダウンコンサート)が当選いたしまして。年を跨ぐ特別なお祭り公演が見事に当たってしまい、流石に自分の運を使い果たしただろうと死をも覚悟しました。死ななくてよかった!
そしてとうとう届いた幸せの青い封筒。帰宅するなり自室に走り込み、息切れをも気にせず開封。スタンド?アリーナ?どこだろうどこだろう、アリーナだったらいいな、通路近かったらいいな、楽しめるところだったらどこでも………!!!!!!!!!

 

f:id:pikyuuuuuun:20160510052156j:image

んっ・・・?


f:id:pikyuuuuuun:20160510052209j:image


8階・・・?


聴きなれた文字は存在せず、そのかわりに表記されていたのが、「8階○○号室○○番」。


!?!?!?!?!?!?!??!!!??!?!?


思い出すこと数日前。今回初の単独カウコン開催が決まった事に先駆け、KAT-TUN担の方が「京セラには8階、ビスタ席という地面よりも天井のほうが遙かに近い席がある」というろくでもねえツイートをされていました。それを読んだ私は「まじかよ~~wwwまぁ当たるわけないし関係ないわ」と高をくくっていたのでした。きれいにフラグを回収してて草。
若干凹みつつも、「まぁ楽しむっきゃない!」「むしろそんな席あたってラッキー」と前向きに捉え、初のジャニーズ関係の遠征と言う意味でも楽しみにしていました。

 

 

・VIP感のある入場~いよいよ席へ

普段コンサート入場するときはチケットをもぎって終了、というみなさまご存じの通りなのですが、流石ビスタ様は入場も厳しい。
まず通常の入場口とは場所が異なり、立て看板の案内に沿って隠し通路のような道を通って行きます。ちょっとRPGのようで楽しい。たどりついた場所はガラス張りの部屋。ガラスの向こうはコンコースになっており、これから参戦する同志達が歩いているのが見えます。
で、ここでチケット・代表者のFC会員証・代表者の身分証明書を提示します。すごい。まじすごい。元から語彙力ないけど更になくすくらいなんつーか凄い。

確認を終わらせ、エレベーターでいよいよ8階へ。

エレベーターを降りると、注意事項を説明され、その後はそれぞれ自分の席を探しに動きます。
本当に文字通りのVIP席で、席が廊下にそのまま繋がっている(?)のではなく、廊下のドアを開けると応接間のようなだだっぴろい部屋があって、その奥の大きな窓を開けると席が・・・という形になっています。
自分達の指定の部屋番号を探し、あけるとホテルかのような広い空間が!目の前にいかにも座り心地良さそうなソファーがありますが、指示通りスルーしてまっすぐ奥まで進みます。

バルコニーに出る要領で窓ガラスを開けるとそこは雪国でした(違います)

席は一部屋ごとにくぎられていて、一部屋3連×4ブロック=12席。私達も周りも、見た感じ3連で応募した人は優先的にここに案内されるのかな?と言った感じでした。

 

 

 

くつろげる、はしゃげる

まず縦とも横ともゆったりしていて、どんなにはしゃいでも隣の友人にもぶつからない。前列後列しかないのですが、かなり傾斜もあるために前の人が立ったり座ったりしても変わらなかった記憶。私達は後列だったため、更にいつ立っても座っても何も言われないという状況。基本的にMC中は座ってレポ書いたり、バラードも座って聞くことが多かったです。座ってもちゃんと見れるんだよ…すごいよね…。
家で鑑賞会してる時のゆったり感、生で見る迫力や空気感が一度に楽しめるのが良かったです。
因みにどうはしゃいだかというと、「明日へのエール」落ちサビで軽くケチャ打ったり(腕くるくるするくらい)、「VIVA 9's SOUL」の岡本圭人紹介パートや「UNION」で軽く頭降ったりしました。だのじいよ
 
 
 
 

意外とメンバーに構ってもらえる

意外と、というのがミソ。家で鑑賞会してるつもりのままだと不意打ちに構われてビックリします。
例えばユニット曲前での岡本圭人さんのMC。
 
「アリーナ!!!!」
\きゃーーーーー!!!!!/
 
「スタンドー!!!!!」
\きゃーーーー!!!!!!/
 
「ビスター!!!!」
 
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
突然呼ばれたために、座ってレポを書いてた私もペンとノートを握り締めたまま立ち上がリーヨしました。リアルにこんな反応しました。ゴリラでもこんな反応しねえよ。
あとはアリーナ通路歩くときも、物珍しいのかビスタやバルコニーに向かってよく手を降ってくれましま。家で鑑賞会してるノリなので、それだけで「わぁ♡」ってなれます(ちょろい)
 
 
 

ドームの全体像が見れる

地面よりも天井のほうが遥かに近く、すべてのセットが目線より下にあるために、顔を動かさずにドーム全体が見れてほぼすべて演出が楽しめます。

例えばアリーナ通路のライトも綺麗でしたし、今回に限っていえばセトリにペンライトを使う演出があったのですが、そういうのもとても綺麗でした。この場にいるオタクやメンバーがこれを見られないなんてもったいない!生じゃ無理でもせめて映像にしてみんなに見せたい景色ナンバーワン。

 

 

 結論

「自担に認識されたい!」「自担にファンサもらいに来た!」という楽しみ方は全く出来ないため少し難しいところですが、私たち的にははしゃげて寛げてみんな可愛くてかっこよくてとてもとても楽しめました!!!

因みにその後、他Gのコンサートにスタンド席で入ったのですが、狭いわはしゃげないわでビスタ席を思い出していました…。スタンド席が普通なのにビスタに入ると贅沢さに味を占めちゃうんですねー。はー、ブルジョワブルジョワ。

ブルジョワといえば、ビスタ席って野球の時は諭吉様を何枚も積まないと入れないんですよね。みんな大好き東京ドームのバルコニー席(ガラス張りのとこ)は年間チケットで確か100万とかだった気が……しかも毎試合ブュッフェ付き。野球でブュッフェ付きって何?凄いよね。1回行くチャンスあったのに逃しました。クッソー

 

 

ビスタ席があたって凹んでるあなたもぜひ少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

てかまぁ「今、回り回って自担が吐いた息を自分が吸えているんだ…」と考えられたらどこでも楽しめますけどね。キモい?ありがとう!

 

以上ですお粗末さまでした

2 ジャニオタがアイドル気取り素人集団の沼にハマった話 魅力編

さっきのエントリーで書きたかったことめっちゃあったのに、すっかり忘れてアップしてしまった!!!!!!!

 
というわけで、むすめんにハマって数ヶ月のジャニオタが、むすめんを見ててまじやべえ!!!すげえ!!!!!と感じるところを、例によって古参の方々に「何ド新規が語ってんの?殺すぞ?」と白い目で見られないようにヒイヒイ言いながら挙げてみました。
 
初対面に「君ってかなり上から目線だよね」と言われた人間が書きましたので不快な表現もあるかと思いますが広い心でご覧ください。
 
 
 

◎顔の系統のバランス

ジャニーズでやっぱり凄いな、と思うのはグループ内に同じような顔を揃えない事(これは高須クリニックの高須院長も言ってた)。例えが難しいけど、「同じ漫画家が書いたキャラクターを同一グループ内に2人以上は入れない」というか。醤油顔ソース顔一重二重丸顔面長、という話とはまた少し違うのですが。
で、むすめんが結成するキッカケは「ハロオタ踊り手が集まったフリコピグループ」。したがって自発的に集まったグループにしては、似たような顔が並ぶ…という事が比較的無いように感じます。まぁ誰か一人が選んだとしても偏るので、どちらにせよすごい。
 
考えても見てくださいよ。グループ内に、
フィリピン王子と呼ばれている人(純日本人)もいれば、


f:id:pikyuuuuuun:20160507173607j:image

はたまた一重のあっさり塩顔
f:id:pikyuuuuuun:20160507173926j:image
大人なハンサムもいるし
f:id:pikyuuuuuun:20160507174023j:image
濃い目イケメンも、美少女も、

f:id:pikyuuuuuun:20160507174223j:image

原宿にいそうなイケメンもいる
f:id:pikyuuuuuun:20160507173910j:image
 
ってすごくない?すごくない???
※いくつか例を挙げようと思ったらかなりの人数になってしまいましたが挙げなかったメンバーに悪意はありませんごめんなさい
 
 
 

◎揃ったダンス

現在メンバーは10人と、そこそこ人数がいるにも関わらずぴったり揃ったダンスが魅力的。しかし、実は全員が全員上手いわけではなくて、個々のダンススキル自体には多少差がある(ごめんなさいまじでころさないで!)。
でも正直私は同じくらいのレベルの人が並んで踊っててもつまんないと思っていて、上手い人の中でもクセや特徴が全く違ったり、ダンスが苦手であろうメンバーもそれはそれで愛しい。引きで見ても揃っててかっこいい、寄りで見ても個々のカラーが出て色とりどりで面白い。そういうところがたまらんす!なんどみても飽きない。楽しい。
 

◎個々のキャラの確立

 顔がうんたらって話でも書いたとおり、誰かが選んでるわけではない…のにキャラ被りがない。凄くないですか?ねぇ。凄くないですか!?
「10人もいればキャラの確立に困るんすよね!」とぶっちゃけた某アイドルもいるほど。
 でもむすめん。はまるで誰かが誰かの補色になってるように、個々が綺麗にバラバラの特徴を持ってるのがすごいなぁと。割り算ができないお馬鹿キャラ(かわいい)もいれば、教員免許持ってる大人もいる。現役高校生もいれば、明らかにアラサーのメンバーもいる(まだ年齢明かしてないけど)。寡黙な人もいれば、黙ったら死ぬんじゃない?みたいな人もいる。イジられキャラもいれば、いじるキャラもいる。
 
 しかもそれを作ってない!狙ってもない!恐らく素!そういう奇跡感さぁ〜〜〜〜ずるいよね〜〜〜〜!!!!!!!!!(語彙力皆無)
 
 
◎良い塩梅のトンチキ感
ハロプロのパロディというか踏襲してるので、ハロの良きトンチキ感(可愛すぎないダサすぎないギリギリのところ)があってジャニオタとしては親しみやすい!
つんくさんも「アイドルはちょっとダサいほうが売れる」って言ってたしな。どこまででもかっこよくできるんだろうけど、そういうところがハロプロイズムが感じられてわくわくします。
 

◎楽曲のカラーが幅広い

楽曲制作のメインはhalyoshyさん(桜ノ雨とか作った人)、それプラスニコニコ動画で有名なボーカロイドPに楽曲提供していただいてる様子。
王道アイドルソング(「You are the love」「たじたじファンタジー」etc)から、
 
 
もう腰抜かすほど超かっこいいやつ(「LIAR」「Chameleon Color」「ココロノ悪魔」etc)
 
まで、振り幅がでかいでかい!!!アップテンポからバラードまで。色んな曲があって飽きない。楽しい。
 
 

◎いい年したお兄さんたちが仲良くわちゃわちゃしている

説明必要なし。成人男性のわちゃわちゃは世界を救う。中丸雄一さんも言ってましたよ、「ファンは僕らのわちゃわちゃが見たいんですよね?」って。そうです。
そもそも自発的に集まったグループだからなのか、アホみたいに仲が良いというのも萌えポイントです。アイドルは仲が良いに越したことはないんやで。
 
 
 
 
 
あおいくんはいいぞ。
白服さんはいいぞ。
ぷんちゃんはいいぞ。
とみたんはいいぞ。
二番君はいいぞ。
のっくんはいいぞ。
ぜっちゃんはいいぞ。
げるたんはいいぞ。
野崎さんはいいぞ。
にーちゃんはいいぞ。
 
むすめん。はいいぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
あ~~~かわいい。
以上です。お粗末様でした。

【追記有】ジャニオタがアイドル気取り素人集団の沼にはまった話

この記事の内容はタイトルの通りです。

(超軽率な野崎弁当さんリスペクト) 

 

踊ってみたに滅茶苦茶疎いジャニオタが、むすめん。にハマってライブ行くまでの経緯を踊ってみた経由でむすめんにハマった人とかまぁなんつーか古参の方々に怒られないよう殺されないようひぃひぃ言いながら綴っただけのエントリーです。

「踊ってみたに疎いけどむすめんにハマったジャニオタ」という人間のいちサンプリングか何かになれば幸いです。

 

 

 

彼らに出会ったのは、昨年の12月中旬にyoutubeで動画を漁っていた時。おすすめの動画欄に出てきた一つのタイトルでした。


男10人で モーニング娘。 - What is LOVE? を踊ってみた 

 

 

お、おぉ…すごそう(こなみかん)

 

存在も名前も聴いたことあるようなないようなあるような。ニコニコ動画は厨房の頃に毎日見ていましたが、踊ってみたにはめっきり疎かったため「あ~~~~めちゃくちゃ昔に聞いたような気がしなくもない…」レベル。しかし『基本的に聴いたことあるアイドルはとりあえず齧ってみる』がモットーなので、これも何かのご縁かもしれない…と、クリック。

 

 

なんだこの赤い子は!?!??!?!?!?!?!あとperfumenの白服さんがいるぞ!!!!!!!!!!!!!

(白服さんは知ってた)(結構可愛いと思ってた)

 

 

特に目についたのが赤い子=あおいくん。初っ端センターで、とてもいい笑顔。そしてこのダンススキルの高さと輝きに惹かれました。
最初から最後までスキルを隠すことなく披露しているのですが、特に気に入ってるのは間奏~大サビまでの動き。白服さん(道重さゆみさん役)が「Is it nessesary?」のセリフを言う直前にあおいくんが身をかがめるのですが、そのかがめ方が機敏で、あーこの子絶対ダンス上手い!!と驚きました。(いや才能に圧倒されるなら他のシーンあっただろ)

しかし、映像を見た限りは未成年っぽいし、小柄で魅せ方とダンスが上手い……ってすごいデジャヴ……あぁ……知念侑李だ……!!(※当時の感想です)

余談ですが、この動画で他に印象的だったのは「黄緑のひょろっとしたメガネの人」=二番煎じさん。佐藤優樹ちゃん役なのですが、声が何となくハマってて何故か印象強かった。後々調べたらなんとまぁ優樹ちゃん推し!文字通りの担タレ。

 

 

他に驚いたのがこの動画。


2015 04 「肉フェス」演目中に起こったハプニング

歌えるやないか!????!!!!?!?!?

 

ダンスが易し目とはいえ、生歌である程度歌えるのが驚きだった。ていうか音痴じゃないってだけでそこそこ好印象である(基準甘すぎ)。

しかしクセもない、鼻にかけてない、声量もある、発音に難も無い、まっすぐ歌えている。声質のバランスも良い。もともと、どうしても歌を重点的に見てしまうフシがあるのだが、この動画でグッと好きになってしまった。

 

見ていただいたほうが早いのですが、途中で音響ミスによりバックが止まってしまい、アカペラで歌うことを余儀なくされてしまいます。しかし、それを焦ることもなく、お客さんを煽る上に「音がないんだもん」と替歌をし、盛り上げる…………好きだわ!!!!!!!アドリブで切り抜けるアイドル好き!!!!!!!!

 

 

 

そもそも、Hey!Say!JUMPやTravisJapan*1が好きな私としては「ダンスが上手い10人前後の男性グループ」というだけで魅力しか感じない訳で。そんなこんなで、一発で惹きこまれた自分は、次から次へと動画を漁ったのでした。

 

 

 

し か し 

そこから、顔と名前を覚えるのにかなり苦戦。特にノックソさんとみたけくんの顔が全然見分けつかない。2人は公式でも「顎兄弟」と呼ばれるコンビ。辻ちゃん加護ちゃんを彷彿とさせる双子系シンメなだけあって流石に似ている。いや似すぎてて…マジでわからなかった。

f:id:pikyuuuuuun:20160506152246j:image

▲左とみたけくん、右ノックソさん
いや似すぎやろ
 

さらに不運ながら、年末に予定されていたライブ(座間公演)にも足を運べないのが分かっていたため、若干そこで心が折れそうに。

 

 

 

とうとう全身を沼へ

沼の縁にて足を止めてしまった私。しかしそこから、沼に落ちるというか背中を突き飛ばされるきっかけとなったのが、テレビ埼玉で放映されている冠番組「むすたま。」でした。
地下アイドルなのに深夜番組あんのかよ!とりあえず見るしかねぇな!顔と名前一致してないけど!と軽率に録画。面白くなかったら消せばいいんだよ。どうでもいいけど小さい頃から掲げてる人生のスローガンは「好奇心と挑戦」です。

日曜の朝、ガムシャラを見たあとの私は満を持してむすたま。を再生。

 

 

まぁあんまり期待せんとこ……

んっ………?

そこそこにお顔の可愛くてダンスのうまい成人(※1名除く)男性10人組がわちゃわちゃと仲良くトークしている……

 

可 愛 く な い わ け な い だ ろ 

 

めっちゃ手作り感はあるしそもそもメンバー全員にマイク足りてない(!)けどそんなのどうでも良くなるレベルで可愛くて面白かったし、トークの中でそれぞれのキャラが分かってくるので、すぐ顔と名前が一致しました。ていうか、やはり成人男性のわちゃわちゃって何よりも強い。下手に企画やるよりもかわいい。

 

そこからあれよあれよという間に、沼へと階段を転げ落ちたのでした。このときの階段落ちは堂本光一さんにも負けてなかったと思う。

 

 

 

とりあえず、ライブに行くようになるまでの経緯でした。
ライブの感想はまた別記事にでも書きますか…(これを書くのに一か月くらいかかった)

 

 

 

それぞれの第一印象と今の印象をさらっと追記に~~

 

 

【5/9追記】

 

なんと御本人様・あおいくんの目に触れ、ツイートまでしていただきました!!!ありがとうございます、何が起こってるのか全くわかりませんがとりあえず動悸が止まらないので求心下さい。

まさか御本人様の目に触れると思わず………かなり失礼な表現もあったかと思いますが、あおいくんはじめ沢山の方々に共感頂きとても嬉しいです。これからも陰ながら応援して行きます。って光あたっちゃって陰ちゃうやんけ!(ありがとうございました)

 

ちなみに続きもございます。どうぞよしなに。

続 ジャニオタがアイドル気取り素人集団の沼にハマった話 - しゃぼんだま

 

 

*1:ミュージカルをきっかけに結成されたジャニーズJr.のダンス選抜9人組。最近では嵐のバックにつくなどしている。ダンスのクオリティが凄いけど普段は動物園と形容されるほど煩い、というギャップがそれはもうとても可愛い

続きを読む